TURBO眼を求めて…(雑談編)

あああああ…。戻しコネー!連絡コネーーーー!!!(絶叫)
いいんですかこのまま進めてしまっていいんですかつかマジ怖いんでもうこれ以上作業が進められませんのでとりあえず日記を書きます。

昨夜、日テレでやってたドラマ『“アース・クエイク”平成18年春・東京大震災』を見た。
うーむ。
「生と死を分けた理由」がまったくもって描かれていない気がしたが、とりあえず災害用伝言ダイヤル 「171」は覚えました。
今後30年間で東京直下型地震が起きる確率は70%と言われてるそうですが、
よく考えなくても70%ってとんでもない数値ですね。
もし、ホントに来たとしたら、このはむらびの場合は普段、自宅と会社との往復の日々なので、
そのどっちかで被災する確率が高いんだろうなーと思います。
自宅での場合は、多分ぴーすも一緒だし、車が大破しなければ水とか災害対策用品とか、なんか色々積んでるので
まだなんとかなりそうな気がする。(とはいえ、ファーストインパクトをやり過せたらの話ですが…)
が、やはり問題は会社や出先で被災する場合。もしくは移動中とか。怖い。
で、ここから本題のTURBO眼ネタになるのですが、私がTURBO眼手術を即決したのはふたつ理由があります。

(1)めがねが煩わしいから
(2)地震などの災害時に、めがねを破損もしくは紛失した場合、シャレにならない状態になるから

この(2)について考え出すと、恐怖のあまり夜眠れなくなることがしばしばありました。
「めがねめがね」のヤっさん状態通り越して、LV1で何の装備もせず洞窟に特攻かけるドラクエの勇者かっつーくらい
裸眼(手術前は0.08)では戦闘能力ゼロなこのはむらび。

⇒まずまともに歩けない
⇒階段も踏み外す
⇒半径1メートル以上に存在する人間はみんなモアイ像と化し、識別不可能

というわけで、脱めがねはかなり切実な願いだったのです。これ理由にする人、けっこう多いのでは…。
今現在、これに関してはノープロブレムです。ありがとうTURBO眼。これからもよろしくTURBO眼。
ちなみに、今月会社の同僚がひとり、手術を受けに行きます。続々と増え続ける脱めがね志願者たちよ…。
私はもう少し経ったら、セカンド・オピニオンをとりに近所の眼科に行こうと思ってます。
ホントに私の視力は2.0で安定しているのでしょうか。。。「両眼とも1.2ですね」とか言われたらヘコむわ。

Comments are closed.